フリーランス主婦の2拠点ライフ

フリーでガツガツ仕事!よりも自分の時間を大切にしたい30代フリーランス主婦の下田⇔東京の2拠点ライフログ

スポンサーリンク

離婚後半年経って再婚予定

3年くらいの結婚生活を経て、離婚をし、メインの拠点を東京から実家のある下田へと移しました。

 
協議離婚というやつで、離婚したい旨を元主人に伝え、理解してもらい、財産分与等はなしでの離婚。
 
離婚届は、わざわざ区役所に取りに行くのが嫌だったので、ネット印刷しました。A3の用紙でないと受け取ってもらえないので、コッソリと会社で印刷しました。
 
モノクロ印刷でオッケーです。
 
時間外窓口に提出しました。どんなにちゃんと書いたつもりでも、間違いはつきものなので必ず印鑑を持っていくことをお勧めします。やはり、出すと決めた日に出したいですよね。
 
印鑑は自分のものが1つあれば、用事は全てすみます。
 
受理された日が、離婚日となり、扶養に入っているとその日から元ご主人の健康保険は使えなくなります。
 
国民保健を申請するには、健康保険資格喪失証明証が必要になるので、時期をよく考えるとよいです。
 
通院していたりすると、一時全額支払いなど、病院にかかれない訳ではありませんが少し面倒です。
 
ご主人と資格喪失証明証の話しが難しい場合は、会社に直接コンタクトをとるとスムーズです。私は、元主人の上司に連絡し、速やかに対応していただけました。
 
結婚を経験されているとご存知な方も多いと思いますが、銀行、クレジットカード、免許などは名前を速やかに変更しなくても使うことができます。
 
早く変更するにこしたことありませんが、どうしても手続き面倒ですよね。未だにパスポートとサブの銀行の名前は変更していません。せめて1年以内全て変更したい。。。
 
早くも彼氏がいます。有難いことです。けれども、半年間は再婚ができません。
 
子供の300日問題のことは、もう少し今より調べないといけないなと思います。
 
戸籍のない子供、前の主人の戸籍に入ってしまうなど、避けなければなりません。
 
子供のためはもちろん、今、大切にしてくれる人のため、その両親、私の親のためにもきちんとしたいです。
 
明日にでも調べよう。
 
田舎なので、出戻りの上にでき婚は避けたいところです。
 
しかも、まだ彼の親御さんやお祖母様は私の存在知りません。
 
相手は長男。出戻りなんてダメよ!と反対されるのでしょうか。自分の両親はクリアしているのですが、そればっかりはどうなるか予想できないので、ビビり中です。
 
そうなったら、そうなったで、いつでも自分の力で生活していける自立した女でありたいと思います。
 
子供も欲しくなったし、年齢のこともあるので、急ぎたい気もしますが、焦らず慎重に進めなければいけないことだなと改めて考えるお正月でした。
 

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
にほんブログ村