読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランス主婦の2拠点ライフ

フリーでガツガツ仕事!よりも自分の時間を大切にしたい30代フリーランス主婦の下田⇔東京の2拠点ライフログ

スポンサーリンク

無料英語学習_留学しなくても英語漬けの生活を作るための3つのステップ

フリーランス 英語学習

英語を勉強してきた中で、最も伸びた時期は、自分で英語漬けの環境を作り出したときでした。海外にいても、人との関わりが楽しめなければ、英語なんて使わずに引きこもって生活できます。学校の授業だけであれば、日本で英語を学ぶ環境と大差ないのではないかというのが個人的な意見です。お金を無駄に使うことになってしまう人も、少なくはないのではないでしょうか。

 

ステップ①よく見るものを英語にする

まずは、これに尽きます。私の場合はスマホの設定、Facebookの設定など、日常よく見るものは全て英語に変えました。スマホは、多少は慣れるまで大変かもしれませんが、海外に留学して現地の携帯を購入することを考えてみてください。英語しかありません。本当に困れば日本語設定に戻して、どういう意味かを知ることができるだけ、海外で英語オンリーの携帯をいじるよりは、ハードルが低いと思います。Facebookも、日常よく使う言葉や新しい単語を学ぶのによいです。プライバシー設定などは、日本語で読むよりも、英語のほうが慎重になるというメリットもあります。

ステップ②たまに見るものも英語にする

映画やドラマを借りるときは英語のもの。小説や漫画も英語。海外サイトから自ら買い物する。レシピは海外のものを見てみる。ニュースサイトも海外のものを見る。1番見るものを英語に変えて慣れたら、次はたまに見るものも英語にシフトします。

ステップ③アウトプットも英語にする

手帳のスケジュール、メモは英語で書くようにする。英語で考える習慣を作るために、1日1回は、その日を振り返るなどして、口に英語を出して、こんな感じで。1日のスケジュールを反芻するだけでもよいです。最初のうちは。

 

Today I went to see old friend.

It has been 3 years since the last time we met.

It was fun. I can't wait to see her again.

Now it's time to work out. Recentry I got fat a bit...

After work out, take a long bath and call mom.

 

 

 

これを、毎日続けていると、自分の頭の中にある単語で、文章を作るという能力が身につきます。英単語がどれだけいっぱい自分の中にあっても、組み立てるトレーニングができていないと宝の持ち腐れです。

結果どうなる

ホントかよ?!と思うかもしれませんが、英語で物事を毎日考えていると、知らないうちに思考が英語だったり日本語だったりと面白いことが起こります。私は、帰国子女でもなんでもありませんが、英語で考えているとき、日本語で考えているときが両方あります。もちろん、ずっと続けているからこそなのですが。

 

夢だって英語で見てるときがあります。朝、起きると元旦那さんには寝言で英語話してたとか言われることも度々。

 

語学学校には18歳のときに、半年行っただけ。大学は英文科だったけれど、就職した会社に英語は関係なし。その後も日常的に、英語を使う仕事は28歳くらいまでしてこなかったけれど、フリーランス翻訳でお仕事がもらえるくらいの英語能力はずーっとキープしてきました。それは、自分で、英語漬けの環境を作ったからだと思います。子供の英会話の先生の経験も、英語を使う仕事をがっつりしたことは1度もないけれど、無事に務めることができました。

 

お金をかけずに、英語を勉強したい人には本当にオススメです。お金をかけて勉強している人にも、もちろんオススメ。学校で習ったことを実践する場は、海外にいないのであれば自分で作るしかありません。

 

今は、田舎に引っ越してしまったので東京にいたときほど外国人の友人と絡むこともなくなりました。ですが、英語でメールがくる、外国人の友達のFBを見る、ニュースを英語で見る、調べ物を英語でする、物事によっては英語でブツブツ言ってみる、など、出来ることは続けています。そして翻訳を仕事としてすることにより、無理やりにでも英語に触れる機会を保っています。本当に、使わないと忘れてしまうものです。

 

英語漬け生活はTOEICのテスト対策なんかを解いているよりも、よっぽど面白いし、会話をするにはいい勉強になりますー!動画も英語にしておけば、ヒアリングだって知らぬ間にできるようになっていますー!