読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランス主婦の2拠点ライフ

フリーでガツガツ仕事!よりも自分の時間を大切にしたい30代フリーランス主婦の下田⇔東京の2拠点ライフログ

スポンサーリンク

固定費削減のコツは解約手数料にびびらないこと「UQ wifiを解約」

UQ wifiをずっと契約していたのですが、先ほど、解約の手続きを済ませました。

 

解約理由

  1. 母屋の回線を無線にして飛ばして使用可能になった
  2. 家以外で仕事することが、ほとんどなくなった
  3. 出張時には、ホテルや宿泊するところにwifi設備が大抵ある
  4. iPhoneのデータ余っているので、デザリングたまにするくらいで調度いい

しかも、母屋の回線料金は支払っていないので無料です。たまに速度が安定しないからって、LANケーブルをパソコンから抜いてしまうときもある旦那さん笑 母屋でネットを使うことは、ほぼほぼないのでまぁよいのですが。

 

解約手数料を支払っても、解約したほうがいい理由

これまで約5,000円を毎月支払っていました。これは100%経費なのですが、今後は扶養の範囲内に諸々収めなければならないので、経費も多少は節約しなければ収入が減るだけです。

 

今回、解約手数料が約10,000円でした。当初は、出産したら出張もなくなるから、来年に解約すればいいか~とか思っていたのですが、今月は4月のハワイのカード請求がドドーンときまして、あ、やばいなと悠長に構えていたのを止めたのでした。

 

5月いっぱいでの解約としたのですが、今年いっぱい解約していなかったとしたらあと35,000円の支払いが必要になるところでした。解約手数料が10,000円かかることを考えても、単純に25,000円が浮くことになります。

 

2017年3月まで待てば、解約手数料は必要なかったのですが、どう考えても使わないものを持ち続けているほうが出費がかさみます。

 

解約手数料ってどうしても、もったいない気がしてしまうのですが、、、ちゃんと計算するとそうでない場合は割と多いのではないかと思います。

 

今回は、家で無線が使えることになったのも大きな理由です。今まで、実家にいたときには無線にする許可が父親から下りず、LANケーブルのみで仕事をするしかなかったので、どうしてもポケットwifiを使いたいときが出てきていたんですね。あとは、作業スペースもなかったため、外にどうしても出たい日ができたりなど。さらには、無線が使えないと携帯の7GB制限なんてすぐに超してしまって課金祭りでデザリングなんてしている場合ではなかったんです。

 

でも今は、毎月5GBは余っているんです。なら、デザリングしても余裕じゃーんということで決断しました。

 

荷物もなくなって身軽になるし!いい決断をしたと思い中~