読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランス主婦の2拠点ライフ

フリーでガツガツ仕事!よりも自分の時間を大切にしたい30代フリーランス主婦の下田⇔東京の2拠点ライフログ

スポンサーリンク

2016年度第1回英検準1級を受ける準備

フリーランス 英語学習

英検準1級を明日、受けます

なんとー、明日は英検です。大学4年の時に受けて以来なので、もう10年くらい受けていないことになります。そして、大学4年の時には不合格Bという残念な判定で、準1級は落ちました。明日は受かるぞーとりあえず、1次が受かれば2次は余裕だなと思っているので、勝負は明日という感じです。

英検準1級の対策

半年、もしくは1年かけて勉強するとかでない限りは、頑張って勉強してもあまり意味がないように個人的には感じます。

なぜなら、英検もTOEICもそうだと思いますが、最終的には、レベルが上がれば上がるほど語彙力の勝負になります。数ヶ月で、そんなに語彙は増えないのではないかと思います。

あとは、受ける目的にもよると思いますが、英語の試験を詰め込みで勉強して受けるのは、結局、実力が伴わないことになるので、昇進のため!とか、なんかしらの理由で受けなければいけない!ということがなければ、詰め込みで試験を受けるのはオススメしません。

そうはいっても、多少は準備する

詰め込み型の勉強はしませんが、準備は一応します。試験は、やはり内容を知っているとそうでないのとでは大きく結果が変わると思います。

■試験にちょっと不安がある人
7日間完成 英検準1級予想問題ドリル (旺文社英検書)

7日間完成 英検準1級予想問題ドリル (旺文社英検書)

 

1週間で終わるシリーズ、大好きです。やった気にもなるし、やっぱり試験は前向きな気持ちで臨むが勝ちだと思います。1週間くらいなら、勉強が苦手な人でも頑張って出来ると思います。リーディングとリスニングで2日間使って、2週間でやってもいいと思いますし、1週間で終わらせて、もう1週間は出来なかったところの復習するなど、テキストは使い方次第でかなり役に立ちます。

■試験にそんなに不安はないけど、試験に慣れたい人

www.eiken.or.jpお金をかけずに、試験対策しましょう。私は、今回はこの過去問のみです。過去問が正直、1番役に立つと思います。傾向も掴めますし。私は、1回分しかやりませんでしたが、3回分くらいやっても損はないと思います。時間は計ったほうがよいですが、そこまで頑張れない、という人は、数日に分けてもいいし、とにかく1度は絶対にやるべきです。

試験用の道具を準備

f:id:yukom222:20160611230546j:image

ジプロックです。TOEICの試験を受ける際には、いつもこれでした。なので、英検も同じく。中身が見えるので、必要なものが確認しやすいです。そして、かさばらない。たかだか、数回しか受けない試験のために、筆箱を用意してもしゃーないな、と思ったのがきっかけでした。鉛筆、鉛筆削り、消しゴムは言わずもがな。シャープペンシルは、仮に鉛筆が全滅したときのために持っています。

そして、消しゴムがなんで3つもあるかは、誰かに「消しゴム、貸してもらえませんか」と言われたときに、貸せるようにです。だいぶ前に、TOEICを受けたときに私はなんと久しぶりすぎてボールペンしか持たずに試験会場へ向かったのでした。コンビニでなんとかシャーペンは買えたものの、消しゴムが売り切れ。。。隣の席になった人に、聞くだけ聞いてみたのですがダメでした。私だったら、消しゴムを千切ってあげるのに!ケチだな!!と思ったので、自分みたいな人がいたときには、快く貸してあげられるように勝手に準備しています笑 シャーペンの後ろの消しゴムってまじで使えませんからね。

あとは、別に資格試験を一緒に受けている人は敵ではないですもんね。その人がいい点とって合格したからといって、自分は自分で、なんの影響も受けませんから、困っている同志には優しくしてほしいものです。(と、未だによく覚えている事件でした)

こんなの書いてて、落ちたら笑える

さすがに、翻訳の仕事をずっとしているだけあって、過去問をやった感じでは長文読解がかなりできるようになっている感じがしました。私の場合は、試験対策を特別にしなくても、普段から英語の勉強をしているようなもんなので、ちょっと特殊なのかな。

時間配分とか、気にする方もいますが、私は順番通りにやるのが1番やりやすいタイプです。時間内にできないということは、自分の力不足だと素直に諦めもつきます。実際に、英語を使うときには、自分で使う順番を選ぶことはできませんし。なるべく、実践的な形に近い状態で、試験を受けたいと思います。

しかし、こんなのを書いていて落ちたら本当に笑えます。が、恥ずかしくて知っている人には言えませんー!過去問は普通に採点して8割はとれていたので問題ないと思うのですが、後は集中力次第です。妊婦、集中力が通常よりはないので、最悪はそれを理由にしようと思います笑

英検準1級を受ける理由

私の場合は、既に仕事もある程度あるので、英検をわざわざ受ける必要はないかなーとなんとなく受けていませんでした。TOEICのほうが、実力を維持している感じがするし、TOEICかなー2年ごとに、という感じで。でも、妊婦になったことで、産後のことを色々と考えるようになりました。

子供がいて、試験勉強、試験受けるなんて、結構、至難の業じゃないかと。しかも、今、田舎なので試験を受けるのに2時間弱、電車に乗らないといけないし。今日は妊婦で疲れやすいので、会場近くのホテルに前泊ですが。

あとは、これから仕事を短い期間であったとしてもお休みしなければならないと考えると、もしかしたらその後のお付き合いがなくなるところも出てくるかもしれません。となると、新規で仕事を探すことになります。そういうとき、やっぱり資格は最初の関門突破のキーになりますし、英検は1度受ければずーっとで、期限がないので、死ぬまで使えます。ルールが変わらなければ。

いずれ、母になるかもーと考えている女性の方には、こういった訳で英検をオススメします!

さて、寝るか

仕事をしようと、パソコンを持ってきたのですが、結局、朝からハウスメーカー2件と打ち合わせ、三島に着いてからも1件、お断りのためお会いするなどし、疲労困憊すぎて仕事無理でしたー明日の朝にでも、頑張るとするか。今、抱えている仕事は英訳です。苦手なので、時間がかかります。。。

あ!別件ですが

公共の仕事に関する翻訳や通訳などの仕事を受けようとすると、なぜかTOEICの資格では通らない、認めてもらえないことも多いです。英検準1級、もしくは英検1級を持っている人のみというのが、最初の条件に既に入ってきます。なので、固い仕事を考えている方にも、英検はオススメです。

 

明日、試験中にはじめての胎動とか起きませんように。