フリーランス主婦の2拠点ライフ

フリーでガツガツ仕事!よりも自分の時間を大切にしたい30代フリーランス主婦の下田⇔東京の2拠点ライフログ

スポンサーリンク

ウェブライティングの受注額の注意点

記事を受注するときは、大抵、1本いくらかで受ける、受けないを判断すると思います。単純に考えれば、1本、1,500円の仕事よりも、1本、3,000円の仕事のほうがよいです。

 

でも、ここで重要なのは仕事内容=記事内容

書きやすいか、書きにくいか、所要時間はどのくらいか

 

1本、3,000円で4時間かかる仕事と1本、1,500円で30分かかる仕事を2本やることを考えてみてください。

 

後者であれば、1時間で3,000円の収入になります。前者は4時間で3,000円。

記事単価が高ければよいというものではありません。

 

最近は、画像も探してきてねーというところも多いですが、画像を探すのってめちゃくちゃ時間がかかります。加工まで入るとさらに。。。

 

オススメは海外サイトで画像を探すことです。日本のサイトよりも、色々とうるさく言われない。

 

クレジット入れて写真を使うのは、法的には問題ないのですが、許可を求める人も少なくないので、難しいとこですよね。。。私はクレジット入れてもらえれば、それで十分な人です。人物が写ってたりしない限り!たいした写真は撮ってません笑

 

話しは逸れましたが、フリーで仕事する場合は顧客を何人か(何社か)抱えておくことが大切です。稼ぎを分散しておかなければなりません。ので、単価低い仕事も使いようです。低くても仕事がゼロになるよりはよっぽどマシなので、やりがいなくても本数を押さえて続けている仕事あります。

 

受注額に惑わされず、トータルで、そして長い目でみて仕事をとる姿勢を忘れずにやっていきたいと思い中。

 

しかし、何の手当てもないフリーランス主婦の産休は不安しかありませんな。旦那さんは最悪1年は産休でも大丈夫と言ってはくれましたが、カツカツな生活はイヤー!子供だけの生活もイヤー!!

 

でも予想しかできないものを、アレやコレやと考えても何もできないので、固定費の出費がいくらになるとか、子供にいくら必要とか、保育園の金額とか、できることだけ調べたり計算したりしてます。

 

保育園が3歳以下だと月に5万とかでビックリ。無理でーす。

 

青色申告も来年はして、収入が少なくなる分、税扶養まで狙おうと勉強中!いま、この本を読んでます。少額なんだから、税理士とかのゆとりない!しかもソフトついてるならいいじゃーんと。

 

【2015-2016年度版】フリーランスのための超簡単!青色申告 (事業所得用・申告ソフト付/Windows用)

【2015-2016年度版】フリーランスのための超簡単!青色申告 (事業所得用・申告ソフト付/Windows用)