読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランス主婦の2拠点ライフ

フリーでガツガツ仕事!よりも自分の時間を大切にしたい30代フリーランス主婦の下田⇔東京の2拠点ライフログ

スポンサーリンク

妊婦とお葬式アレコレ

妊活と妊娠

旦那さんのおじーちゃんが亡くなって、妊娠中におさまってたを家で出すことに。

 

上に両親はいるものの、いちおう長男の嫁。

 

やったこと

・送り迎え

やはり、喪主である義理父とその妻の母は家にいなくてはということで

・買い出し

自分で必要なものも考えて、あとはゆとりを持って相談。お茶、お菓子、果物とか御礼、ロウソク、漬物などなど

・ご飯の支度

家族の分、プラスα。年齢層が高いので、和食中心

・葬式お知らせリスト清書

親族が書いたものを、今後のためにワードで打ち込み

 

気をつけていること

・水分補給

・トイレ休憩

・適度に横になる

・仮眠する

・冷えない

・自分のご飯確保

みんなバタバタしていて、妊婦のことまで心配している暇はないから自己管理を徹底。いつもより立っている時間、起きている時間が長いから思った以上に疲れる。2日目になると、疲れに気づく。長丁場になるから、油断しないこと。ご飯の時間も流動的になるから、ちょこっとつまめるものを確保しておくとよい

 

葬式の服

黒いパンツとトップスで勘弁してもらうことに。マタニティの礼服はさすがに高くて。。。

 

アマゾン様さまだわ。翌日に届くからなんとかなる!早めに礼服をどうするか判断して、頼むなら不幸のあったその日が正解だと思う。今回は近しい人なので、ちゃんと黒にしようとなりました。

 

妊婦、足を崩したりするし、冷えないようにっていうのもあるから個人的にはパンツがいいと思う。スカートだとパンツ見えないかとか、気にすること増える。

 

黒のトップスは手持ちのもの。できればシャツが系がよさそう。できるだけ、カッチリめ。

 

手鏡をお腹に入れる

これは、地域とか、周りの人たちがなんていうかみたいだけど、妊婦がお葬式でたり、身内に不幸があったりしたときは、一緒にベビが連れて行かれないようにとか、 痣ができないようにとかっていう昔からの言い伝えてきなやつらしい。周りに何も言われなければ、別に何もしなくても大丈夫みたい。要は気持ちの問題なのかなー

 

無理して頑張って、後に何かあったら、その方が故人も周りの人も、もちろん自分も嫌な気持ちにしかならないので、妊婦の1番のやるべきことは自分の体調管理だと思いました。自分の両側にもそう言われました。

 

スケジュールの関係で明日は何もなし、明後日はお通夜、その次の日はお葬式。まだまだ、先が長いから気をつけよー