フリーランス主婦の2拠点ライフ

フリーでガツガツ仕事!よりも自分の時間を大切にしたい30代フリーランス主婦の下田⇔東京の2拠点ライフログ

スポンサーリンク

小学校英語指導者?英語講師?外国語活動補助員?が来年からの仕事になるかもしれません

息子は順調に成長し、生後10か月となりました。成長曲線は身長も体重も、ちょうど適正範囲?の真ん中くらいです。

 

来年から保育園だ!と肩の荷がおりたものの、まだあと半年あるんですよね。リフレッシュ保育とか使いつつ頑張ろう。調子が悪い日が多すぎていい加減うんざりします。

 

さて、タイトルにある小学校の英語講師ですが、、、どれが本来の呼び名なのでしょうか。資格だと「小学校英語指導者」と呼ばれていますよね。学校によって違うのかな。

 

まぁそれはともかくとして、来年4月から小学校で英語を教えるお手伝いの仕事ができそうな気配が漂い始めました。田舎で英語を使った仕事はできないだろうと、自分で仕事を探しフリーランスで働く道を選んだのですが、田舎で英語を使った仕事、できそうです!

 

ざっくりとしか調べていないんですが、今は小学校5、6年生が週1コマで英語を勉強しているそうですが、これから週2コマになり成績もついちゃうらしいんですね。さらには3、4年生も週1コマ勉強しようねという流れみたいなのです。

 

そして、小学校の先生は英語を専門にしている人はいませんし、ただでさえ準備とか大変だから英語のできる人が必要になったということです。

 

とりあえず登録だけしてもらえ!と知り合いに教えてもらい教育委員会に相談しに行きました。ハローワークに求人がでて、それから面接するそうなので確定ではありませんが、、、

 

受かるかもしれないポイントとしては(自分で言う笑)

・若い!(といっても32ですが、田舎で英語ができる人材で30代は若いほうにはいります)

・児童に英語を教えた経験がある(過去に小学館の英会話スクールで児童に、別の保育園では3歳から5歳までの幼児に教えていました)

・地元の黒船祭で来る水兵さんたちと小学生の交流のための通訳をボランティアで数年やっている(先生たちにどのくらいできるか知ってもらっている)

 

普段、翻訳の仕事をしているので英語は使っているのですが会話はできていないのが悩みの種でした。息子には英語で話しかけたりしますが、英語だろうと日本語だろうとまだ会話は成立しませんし。東京から地元に帰ってきてしまったため友達もみんな置いてきてしまったので、どうしたもんかなーと思っていたところにいい機会です。

 

家で英会話教室でもやる?という考えもあったのですが、自分でイチからって本当に大変なので学校とか保育園に営業でもかけにいきたいなーと思っていたこともあったので、これから履歴書を頑張って書こうと思います。

-たまたま、前職で学校や県などに新規で提案営業をする仕事を経験していたためこういう考えに至ったのでした。なんでもしとくもんだなーと思います。別に、営業に行ってはだめなんてないんですね。まずは、何かやりたいことがあれば関連するところに電話して状況を聞くことをオススメします。

 

今の仕事も抱え、来年新たに仕事をスタートすることが確定すれば本当に息子には保育園に通ってもらわなければ動けないので、これまたいいタイミングで決断したなと思います。希望のところに入れるかはまた別として。

 

青色申告を来年はじめてするのですが、そんなに稼いでいる訳でもないため65万の控除があると私は保険扶養の範囲内です。が、仕事が増えるとそれも変わるので、そのあたりも考えて進めていかなければなりません。

 

突っ走ったり無理する性格なので、自分の様子をよく観察してやっていきたいと思います。ホルモンバランスを整えて生理痛やPMSを緩和するために超低用量ピルを処方してもらいました。まだ飲み始めていないのですが、自分に合っていることを願います。

 

では、土曜の夜も仕事に戻るとしますー

 

お金なんていくらあってもよくて、別に裕福な暮らしをしているわけでもなく、でも息子もいたりして、去年家も建てたし、決められてる給与でないので頑張ったら頑張っただけ稼げるのはフリーランスのいいところではあるのですが、正直、どこまで頑張ったらいいのかいつも分かりません。悩んでます。