フリーランス主婦の2拠点ライフ

フリーでガツガツ仕事!よりも自分の時間を大切にしたい30代フリーランス主婦の下田⇔東京の2拠点ライフログ

スポンサーリンク

確定申告で感じるフリーランスの良さ

どんな仕事も良し悪しはあって、フリーランスも今後の不安だったりと色々ありますが、、、

 

確定申告の準備をしていて、自分がいくら稼いだのか、何をして稼いだのか、そのためにどれだけの時間と労力を使ったのかをはっきりと認識することができました。

 

会社勤めでは決まった金額をもらった中での仕事が基本なので、感じにくい部分ではないかなと思います。

 

何をやるにも自分で決めて、それをやるのも自分。それゆえの辛さもあるけど、給料に見合わないというモヤモヤは感じにくい気がします。

 

1,000円を稼ぐこと大変さは、フリーランスになってからのほうが感じるようになりました。

 

なので、旦那さんが飲み会あるときなんかはタクシーや代行がもったいないと少しくらい面倒でも疲れててもお迎え行きます笑

 

月に3回あったら3,000円。2人でランチ食べに出かけられます。

 

仕事がなくなったらという不安は、丁寧な仕事や、インプットで能力強化で回避ですね。

 

フリーランスだから仕事がなくなる不安を抱えていると思っていましたが、営業とかだと会社勤めでも数字が達成できなかったら、、、とかいう不安ありますよね。

 

仕事って形はどうあれ、みんな大変でみんな頑張ってるんだなぁ。

 

あーしかし生活って大変だ!

 

でも物々交換の時代に戻ったって、狩に出なきゃとか、畑耕さなきゃとかやることは盛りだくさんで天候とかに左右されてうまくいかないことだってあるんだもんな。

 

いつの時代も一緒ですね〜