読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランス主婦の2拠点ライフ

フリーでガツガツ仕事!よりも自分の時間を大切にしたい30代フリーランス主婦の下田⇔東京の2拠点ライフログ

スポンサーリンク

フリーランス主婦も出産まであと約1ヶ月。現在の仕事量と今後の予定。

フリーランス 妊活と妊娠

基本は在宅なもので、、、通常通りに仕事を進めてきました。そして、産休って別に義務じゃないんだねという衝撃の事実を知り、予定日の半月前までは仕事をする決意を。

 

産休はいつから?

もし、産休を取る場合は予定日の6週間前から。生まれるまで6週間をきれば、それ以降は休みたければその意思を会社に伝えて、休むことができます。仕事の内容とか、会社の空気によりけりですよね。あとは、通勤が大変かどうかとかで判断になるのかな。

 

私は、休みたいなーという気持ちもあったのですが、自分の収入がなくなる=自由に使えるお金が減るということなので、仕事量は抑えつつ予定日の2週間前くらいまで続けることに。1、2万くらいしか稼がないと思いますが、それだって十分おおきなお金です!

 

最近は産休を取る人が多いイメージなので、それを考えると、私は予定日が11月15日。11月に入ってからも仕事されたら、クライアント側も心配じゃないかなと。自分も相手も1番困らない時期や仕事の仕方を選択できるのがベストですよね。

 

[厚労省のサイト]予定日を入力すれば、日にちが出てきます。便利!

産休・育休はいつから?産前・産後休業、育児休業の自動計算|妊娠・出産をサポートする 女性にやさしい職場づくりナビ

 

産後はいつから復帰?

フリーランスの人は、義務で休むことはないので、結構すぐに頑張る方も多いようなのですが、、、はじめてのことにビビリな私は、ひとまず約2カ月はお休みをいただくことにしました。11月15日が予定日で、復帰予定は2016年の1月からです。

 

基本的には、出産した日から8週間はお休みしなさいという決まりになっているようです。要は私も世の中の流れに沿ったという感じです。ただし、どうしても働きたいという人は、お医者さんに許可が貰えれば6週間で仕事に復帰できるみたいです。

 

予定日はあくまで予定日なのと、初産は遅れるというので、実質のお休みは1カ月くらいになるかもしれません。ですが、仕事のやり方を工夫することで何とかやれるんじゃないかと思っています。

 

メインは日英翻訳の仕事なので、もう、ネットの安い翻訳会社に依頼して、それのチェックを自分でやればいいかと。外注する分、収入は下がりますがスムーズに負担少なく納品できます。あくまで、最終手段ですけど、産後のことは予想できないのでリスクマネジメントはきっちりとです。

 

現在の仕事

・メルマガ日英翻訳

出張あり→出張なし→日本語の仕事はほぼなし→純粋に翻訳のみと妊娠が分かってから段階的に仕事をセーブしました。出張は8ヶ月までは下田↔︎東京間で泊まりでしてました。

・キャンプ関連サイトのライター

元々、だいぶサブの仕事で、月に4本くらいしか書いていませんでしたのでペースはそのままで。安定期に入ってから妊娠のこと、今後のことを相談しました。9か月に入ってからは、負担のない仕事を配慮してまわしてくださっています。

・キュレーションサイト原稿の翻訳

この仕事は1番慣れていて、またある程度お付き合いも長かったので、別件での出張に合わせて担当の方と直接お会いして、妊娠のことをお伝えしました。ベンチャーでフレキシブルな会社であり、他に産休を取られている方もいて、安心してお話しできました。本数は他の仕事などに合わせて随時、調整しています。

 

今はこの3つのみです。メルマガの翻訳は実質、月初に1週間で訳を納品するので後輩は結構ユルユルと仕事しています。それで、最近は手取り10万円を超えるくらいかな。

 

仕事セーブ前は月に15万円くらいが収入でしたが、出張したりと手元から出て行くお金も多かったです。今は出張もないので10万円稼げれば田舎ではよいほうです。手取り12万円とかの世界ですから。

 

もっと頑張れば、稼げるのですが、妊娠したということと、なんだかんだ女が稼ぎすぎると男子はダメになるということを1度目の結婚で学んだため、バランス重視でノンビリやってます。

 

必要なことが出てきたら、頑張ろうと思います。自分でそういうことを調整できるのもフリーランスの強みだと思います。

 

産後の仕事

基本的にこの3つをメインに続けていく予定です。2人目も考えていて、できればこれから生まれてくる子が1歳になるくらいに妊娠、2歳くらいで第二子出産したいなーと。まぁ、計画通りにこればっかりはなりませんが。

 

企業勤めていたって、女性は出産や子育てで休むことを色々とタイミングなど悩むと思いますが、フリーランスはさらに悩むと思いますし、むしろよく考えないと本当に大変になると思います。

 

まず、お休みしている間は一切お金なんて出ないし、復帰してバリバリ仕事をせっかく増やしたところで妊娠なんかしたらそのための努力がパーですから。私は、やっぱりある程度は仕事をしていきたいと考えているので、出産と子育てはなるべくならあまり間を開けずに、まとまった時間を一括してとりたいなと。

 

理想では、35歳くらいには妊娠前と同じかそれ以上に仕事ができたらなーと考えています。1人目を3歳で保育園に入れて、2人目は2歳になっているくらいの感じ。

 

産後の仕事セーブ期間は、最低限、自分が支払うべき金額を試算し、それにお小遣いちょっとは欲しいという感じで5万くらい月に稼げればいっかーという感じにゆるく考えています。

 

ゆとりを持って考えておかないと、無理だったときにお金が回らなくなるとか体調崩すとか起こりえますし。

 

出産前にやっておきたいこと

せっかくミシンを買ったので、ベビーの枕くらいは作りたいなぁと思いつつも、仕事続けるのと、確定申告の書類の準備、青色申告にするために開業届を出すとかそういうこともせんといかんので、どうなることやら、、、

 

英語力キープのために、購入した本

 

Gossip Girl: Bk. 1

Gossip Girl: Bk. 1

 

ゴシップガールのペーパーブックは、集めると結構な量になります。海外旅行に行ったときとかにまとめ買いしてました。

 

 

Attack on Titan 1

Attack on Titan 1

 

ちょうど流行ってる時期にアメリカでダラダラしてて暇だったので大人買い。


とりあえず、よっぽど面白い本じゃないと高いし、読まなくて結局、無駄にしちゃうので、そこまで英語が得意ではないという人は英語の漫画を買うといいですよ〜

 

インテリア的にもオサレだし。