フリーランス主婦の2拠点ライフ

フリーでガツガツ仕事!よりも自分の時間を大切にしたい30代フリーランス主婦の下田⇔東京の2拠点ライフログ

スポンサーリンク

フリーランスの英語を使える在宅仕事

今、仕事を増やそうとしても無理なのですが、、、すぐに休むことになるから、迷惑でしかない。先のことを常に考えて、1番いい状態にしようとする自分としては、どうしても色々な仕事を模索してしまっています。

 

今現在の仕事としては「翻訳」がメインです。翻訳も1種類ではなく

・記事翻訳

・メルマガ翻訳

・ファッション関係の翻訳

・商品の翻訳

など、受ける内容は様々(なところが、私は好きです。専門性なかったのもあるけど、毎回、同じ内容ではつまらないし、違う内容だと幅広く勉強になる)

 

あとは、趣味レベルですが英会話も少し教えています。

 

今後、考えていた仕事としては「子供向け英会話教室」

なのですが、下田、子供少ないぜー!ということで、あまり本格的に始動しても意味がなさそうです。これも、自分の子供と興味あるお友達にちょっと教えるくらいになるので、メインの収入源になるレベルではないでしょうね。中学生、高校生で将来、英語を使う仕事をしたい人なんかに英会話教えてあげたいーとも思うのですが、今のところ接点が見つかりません。私が接点を持てるのは小学生まで。でも、小学校の先生などとも繋がりがあるため、何かしらはできるなと思っています。

 

在宅で英語が使える仕事を調べてみた

・字幕翻訳

これは、昔、興味があってコンテストとか受けてた!あとは過去にビットコインの動画翻訳経験あり。それ以外にも、動画翻訳は幾つか経験があるし、楽しそうです。大手の会社で今募集しているとこを発見してしまい、本当は今すぐ応募したくて仕方ありません。

・英文事務

アウトソースやリモートワークが少しずつ、増えているなと。英語を使わない事務もあって、これなら今までの経験を使える人も多そうだし、主婦によさそうです。出勤がないだけでも、相当楽なのではないかと思います。探してみる価値はある仕事だと感じます。

 

単価は低いものが多いけど、空き時間にアンケートをやるよりは家計の足しになる感じがします。

・英文メールや電話応対

Airbnbとか、旅行者向けの簡単な英語を使うレベルのものが、前よりもだいぶ増えた印象。あとは、通販をやっているところが、カスタマーサポート的に英語を使える人を探しているケースも少なくないです。この仕事のいいところは、短期よりも長期で仕事できる人を探している会社や雇用主が多いところだと思います。ホテルとかも、外国人対応増えてるし、大手も探せば見つかるはずです!

・オンライン英会話講師

場所を借りなくても出来るし、コストもかからなくていいですね。でも、個人的にはこれは大人向けのみがよいかなと。最近増えている、子供にオンラインで英会話を教えるというのは、よっぽどの技量があっても難しいと思いますし、意味がないとはいいませんが、やはり対面で体や手を動かしながら学ぶのと比較すると格段に弱いと思います。

 

昔は、英語を使う在宅仕事=翻訳というイメージしかありませんでしたが、今は結構バリエーションが増えましたね。英語+自分のこれまでの経験、キャリアを使って仕事を探せば在宅でも比較的、興味のある仕事に就けるのではないかと思いました。調べていて、いいなと思ったのは私はずっと公共事業中心でしたが、人材関係の仕事で、採用活動のお手伝いなどしていたので、海外の採用に関わる仕事も面白そうだなーと思いました。そういえば、外資系のヘッドハンティングの会社でやってみないかとお声かけいただいたこともありました。稼げるよー!と。子育てしながらは、ハードルがかなり高そうです。

 

アップル製品が好きだったら、アップルの在宅の仕事もあるみたいです

Apple - 採用情報 - Apple在宅勤務アドバイザー

英語+自分の強み

が、やはり仕事を得る上では必要になりますね。というか、それがあれば仕事が見つけやすく、仕事に就きやすくなるといえます。あとは、最初から在宅で仕事なんて難しいだろーと諦めずに、まずは探しまくる!受けまくる!ということが大切だと思います。仕事がゼロな訳ではありません。探してみると、意外とあるものです(私的には)。

 

フリーランスだからこそできること

フリーランスだからこそ、1つの仕事に絞る必要も、1つの仕事の給与を気にしまくる必要もありません。自分で組み合わせて、必要な金額を稼げばいいんです。管理は少し大変かもしれないけれど、それができたら、やっぱり時間的にキツイからここはなくそうとか、選択肢はかなり広がります。色々な経験を自分次第で積むこともできます。主婦だからこそ、でしばらくは扶養の範囲内でスタートするという低リスクで、まずはやってみるということもできます。固定のアルバイトと組み合わせて、在宅ワークをスタートさせたっていいんです。子供が大きくなって、現場に出たい!となったときにも、何ができるか、何をしてきたかで、仕事内容は稼ぎは大きく変わると思います。

 

英語の仕事はしてみたいけど、翻訳はハードルが高い

と考えている方には、旅行者向けのサービスのお手伝いをオススメします。英文メールや電話応対などですね。ネットサーフィンしていたら、こんな仕事も見つけました。ゲストハウスの案内くらいなら、これから英語を本格的に仕事で使いたいけどそこまで自信がないという方もチャレンジできる案件ではないかと思います。日常会話や、決まった内容の会話が比較的、多いから取り組みやすいと思います。

jmty.jp

今後のために、数日は出向して仕事を覚える覚悟を

数日間は、仕事を在宅でしてもらうために会社に来てくださいというところも多いです。やっぱり、知らない人にオンラインだけで仕事を頼むというのは頼むほうも、リスクが高いですし、一緒に仕事をする人の顔を見るというのは仕事においてとても重要なことだと思います。会社に勤めていたら研修や出張などでどこかに行くこともあるでしょう。それと似たようなものだ、と思って、覚悟を決めて泊りがけで会社に出向くことが長いお付き合いと仕事のしやすさ、お互いの信頼感に繋がると思います。親に預けられればそれがベストですが、それができない場合にどうしたらよいのか、あとは子供と離れるの辛い!というときもあると思うので、一時的に預かりを受けてくれるところを都内中心ですが、これから探してみようと思っています。

 

さて、これからの長いお付き合いのために、今日はこれからメルマガ翻訳の仕事をもらっているオフィスに行ってきますー!